各種シードオイル

パンプキン シードオイル

投稿日:

catch_top-03

punp_side-02

The Green of Austriaと称され森林が多いオーストリア・シュタイヤマルク州シャルク・ミューレ社は伝統的農法で大切に栽培された
有機ぺポカボチャの種を低温圧搾で成分を損なうことなくパンプキンシードオイルを製造しています。

オーストリアでは国民的伝統オイルとして日常的に利用されており、オーストリアのパンプキンシードオイル特にシュタイヤマルク産は
『黒い黄金』とも呼ばれ世界的に高級品として知られています。

美しく輝く深緑の液体は香ばしいナッツのような甘い香りを放ち、ドレッシングとしてソースとして様々な料理にご利用いただけます。

またパンプキンシードオイルは栄養価が高く、ビタミンEや必須脂肪酸が豊富で美容・健康増進に期待されています。

 

「シャルクミューレ オーガニックパンプキンシードオイル 230g」は、美しく輝く深緑の液体で、香ばしいナッツのような甘い香りを放つパンプキンシードオイルです。
ドレッシングやソースとして、さまざまなお料理にご利用いただけます。非加熱でのご使用をおすすめします。有機JAS認定食品。

food-04

page-img-011

パンプキンシードオイルについてのQ&A
Q・どうやって食べるんですか?
A・野菜にかけたり、パンにつけて食べたり、生で使われる事をお勧めします。
また、ヨーグルトやアイスクリームにかけても美味しく召し上がれます。特にお勧めは納豆です。
Q・どんな味なんですか?
A・香ばしいナッツのような風味のさっぱりしたオイルです。ピスタチオに似た香りがします。
Q・どんな色なんですか?
A・濃い緑色です。白いお皿に綺麗に盛り付けると、とてもお洒落に料理を演出できます。 
Q・飲めるんですか?
A・ヨーロッパではサプリメント代わりに健康維持のために飲まれているオイルです。
Q・甘味を感じるんですが、砂糖は使ってるんですか?
A・砂糖も香料も添加物や混ぜ物は一切使用しておりません。
パンプキンシードのみを絞ったそのままの味です。
Q・何が身体にいいんですか?
A・ビタミンEがオリーブオイルの数倍含まれた抗酸化作用に優れたオイルです。
Q・抗酸化作用って身体にいいんですか?
A・人は酸素を吸うことで酸素がわずかですが体内で活性酸素に変わります。
活性酸素は酸化力が強く細菌やウイルスを攻撃しますが、その量が増えるとシミや老化、病気の原因になります。
ビタミンEはその活性酸素を除去する効果がある栄養素です。
Q・性酸素って病気の原因になるんですか?
A・近の研究では動脈硬化や癌だけではなく、生活習慣病の90%が活性酸素の仕業ということが明らかになっています。
特にパンプキンシードオイルは男性の方の前立腺の改善に効果があると、
ヨーロッパでは医学的に研究対象となっているオイルです。
Q・開封後はすぐに使わないとだめですか?
A・開封後は湿気が入らないようにしっかり蓋をしていただき、冷蔵庫に保存してください。
3ヶ月は風味も変わらず美味しく召し上がっていただけます。
Q・安全ですか?
A・JASの有機認証、ヨーロッパの有機認証であるbio、ハラル認証を受けています。
またヨーロッパの伝統的な製造方法、原産地を保護する地理的表示保護(PGI=Protected Geographical Indication)も受けています。
Q・オイルはどうやって絞るんですか?
A・製造元であるシャルクミューレー社ではかぼちゃの栽培から収穫、オイルの圧搾まで一貫した管理体制の元で製造されています。
かぼちゃの種を粉砕し、同じ地域で取れたまきで火入れし、浮き出た油を圧搾法で瓶詰めしています。
抽出のための薬品や添加物は一切使用していません。
Q・家で食べた後のかぼちゃの種でもオイルは絞れるんですか?
A・パンプキンシードオイルの原料のかぼちゃは、ハロウィンで見かける大きな黄色いかぼちゃで、種を取るために栽培し実は肥料にされます。
日本ではあまり栽培されていないかぼちゃです。

houmon-logo_top